冬キャンプ初心者さん必見!電源が無いふもとっぱらでの装備を考える

スポンサーリンク

 

2019年6月、遅ればせながら「ふもとっぱら」デビューした私ですが、富士山が圧倒的に綺麗なのは冬!ということで、冬のふもとっぱらに行きたいと思っています。

ふもとっぱら、目の前に富士山ドーン!で素晴らしいキャンプ場ですよ^ ^

 

が、電源サイトで快適キャンプばかりしている我が家が電源のない極寒の富士山麓キャンプに耐えられるか、非常に怪しいところ。

そこで、今回は電源サイト族の我が家が、電源なしのふもとっぱらでも快適キャンプができるような装備を本気で探してみました。

 

冬キャンプ初心者の方、ぬくぬく快適キャンプをしたい方の参考になれば嬉しいです^ ^

 

スポンサーリンク

冬のふもとっぱらの気温はどのくらいなのか

まずは、ふもとっぱらの冬の気温についておさらいです。

気温によって装備も変わってきますので、気温を把握するのは大事ですよね。

 

ふもとっぱらは標高830mの朝霧高原に位置し、朝晩が大変冷え、風が強く吹くこともあり、最低気温はー10℃近くになります。

 

色々な方のブログを拝見すると、朝は-6℃くらいが多いようです。

なかなか冷えますね。

最悪の場合を想定して、-10℃を想定した装備を考えます。

 

-10℃でも快適に冬キャンプできる装備はこれ!

それでは、私が全力リサーチした極寒キャンプの装備をご紹介します。

順番に揃えていこうと思っています^ ^

 

コスパ最高のシュラフ(寝袋)発見

まずは、快適な眠りを確保したい…ということで、厳しい寒さの中でも快適に眠ることができるようなシュラフ(寝袋)を探しました。

低い気温に耐えられるシュラフの特徴はこんな感じです。

  • 素材はダウン
  • マミー型
  • お値段高め

 

私は、家のお布団のようにゴロゴロ寝返りが打てる封筒型で、なおかつ冬はホットカーペットの上に寝るので、耐寒温度は+3℃くらいの3シーズン用シュラフを使っています。

でも電源がなければ当然ホットカーペットが使えないので、シュラフだけで寒さをしのがなければなりません。

冬用シュラフ購入は必至です。

寒さに耐えられるシュラフは、やはり登山系ブランド(メーカー)のものが安心ですよね。

「ナンガ(NANGA)」「モンベル(mont-bell)」あたりが優秀そうですが、お値段お高めです。

自分の分だけなら奮発してしまうのですが、家族全員分となると…気が引けてしまいます。

 

 

 

さらに探していると、高スペックなのにびっくりするほど良心的価格のシュラフを見つけました。

それがこちら。

アウトドア専門メーカー【Bears Rock(ベアーズ ロック)】の「マミー型寝袋 -32℃」です。

 

ダウン素材ではありませんが、-32℃まで耐えられて、快適温度は+14℃~-12℃

それでいて、お値段は破格の【11,000円(税込)】って…どうなってるの??

もう、このシュラフ一択で間違いないでしょう(個人的意見です)。

コスパがすごすぎる…!

 

エアーベッドで地面からの冷気を完全シャットアウト

上で紹介したシュラフだけでかなり快適に眠ることができるはずなのですが、地面からの冷気はかなり強烈なので、念には念を入れて対策するには「エアーベッド」が優秀です。

 

私は2019年秋にエアーベッドをキャンプに導入しました。

結果…家のベッドで寝てるみたいに、とっても快適です(*´*)

私が使っているエアーベッドは「いつものキャンプがエアーベッドでグランピングに大変身♪」の記事でご紹介しています。

 

ぜひ、キャンプにエアーベッドを検討してみてくださいね。

本当に眠りが全然違いますよ~。

 

冬のふもとっぱらには薪ストーブ必須

ふもとっぱらは電源がないので暖を取るのは専らストーブ類なのですが、朝晩はかなり冷え込むとの事なので、やはり火力の強い薪ストーブを使っていらっしゃる方が多いですね。

 

こちら、2020年1月2日午前7:30頃のふもとっぱらライブカメラの画像です。
公式サイトからお借りしました。

煙突から立ち昇る、薪ストーブの煙が素敵ですよね~。

冬のふもとっぱらの朝は薪ストーブの煙が美しい出典:ふもとっぱら公式サイト

 

薪ストーブで人気があるのは、イギリスのアウトドアメーカー【ANEVEY(アネヴェイ)】の「フロンティアストーブ」

 

そして、ノルウェーの薪ストーブメーカー【G-stove(Gストーブ)】の「G stove Heat View(Gストーブ ヒートビュー)」

 

どちらもスタイリッシュなデザインで人気の薪ストーブです。

でも、私はあえてこちらをおすすめしたい。

 

日本の薪ストーブメーカー、【ホンマ製作所】の「時計型ストーブ」です。

 

フロンティアストーブやGストーブのようなスタイリッシュさは無いかもしれませんが、錆びにくいステンレス製であり、煙突とセットで買っても「税抜き10,000円」というこれ以上ないコストパフォーマンスを実現してくれる薪ストーブです。

冬こそキャンプ!テント泊にホンマ製作所の薪ストーブを私がおすすめする理由」の記事で詳しく紹介しているので、もしホンマの薪ストーブが気になったら読んでみてくださいね^ ^

 

電気がないのに座ってポカポカ暖かい♪不思議なカーペット

私はジャパネットたかたのテレビショッピングを見るのが好きなのですが、ある日、冬の電源無しキャンプで重宝しそうな素敵なカーペットを紹介していました。

 

保温性の高い6層構造の極厚カーペットで、ホットカーペットじゃないのにカーペットに触れているところがポカポカ暖かいというのです。

まさに電源なしの冬キャンプにピッタリ!!

 

ということで、カーペットはこちらに決めました。

「ふかふか極厚6層ラグマット」

 

電源がなくてもポカポカ快適な冬キャンプはできる!

冬は電源がないと無理だー!
薪ストーブ焚いている間はいいけど、寝ている間は薪ストーブ消えているから寒くて凍える!!

と、雪化粧の富士山が綺麗な冬のふもとっぱらは諦めていましたが、この装備なら快適に過ごせるはずなので、どんどん買い足して寒い時期のふもとっぱらデビューしようと思います♪

キャンプは夏!の方も、ぜひ冬キャンプしてみてください。

冬は冬で、夏とは違う楽しみ方がありますよ^ ^

 

タイトルとURLをコピーしました