わんダフルネイチャーヴィレッジ ~ドッグラン~ 施設紹介

スポンサーリンク

 

2016年4月1日にグランドオープンしたWonderful Nature Villageに、オープン3日目の4月3日から3泊してきました。

この記事では、ワンコも人も楽しめる「わんダフルネイチャーヴィレッジ」のドッグランをご紹介します。

とにかく、よく整備されていて綺麗でした。

でも、4日間ほとんど雨に降られていたので、写真が少なめです。。。

 

スポンサーリンク

施設紹介

introMap

 

わんダフルネイチャーヴィレッジは、ワンコのための総合施設です。

ワンコと遊べる様々な施設が揃っています。

 

入園料
大人(中学生以上) ¥800
子供(小学生)   ¥400
愛犬        ¥800 ※2頭目以降¥400/頭
障害者手帳,愛の手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳を提示すると、ご本人と付添の方1名様と犬1頭まで半額駐車料金
大型バス・マイクロバス ¥3000
乗用車         ¥700
二輪車         ¥200

 

「わんダフルネイチャーヴィレッジ」は、ワンコも飼い主さんも楽しめる施設が豊富にあります。

  • 6つのドッグラン
  • ドッグプール
  • オートキャンプフィールド
  • ハイキングコース
  • カヌー・カヤック
  • バーベキュー
  • カフェレストラン・ショップ
  • キッズエリア

 

今回は、ドッグランに絞ってお伝えしますね。

 

6つのドッグラン

 

introDogrunMap

 

上のマップの左上、アジリティもある「全犬種エリア」は6つのドッグランの中でもズバ抜けた広さがあります。

カフェの目の前にある「小型犬専用エリア」、それと並ぶ「中・大型犬専用エリア」。

体の大きさでエリア分けされていると、小さな子でも安心して遊べますよね。

 

以前、ドッグランで我が家のシーズーがゴールデンレトリーバーとラブラドルレトリーバーに全速力で追いかけられてました(笑)

うちの子は大型犬好きだから本人楽しそうに走り回っていたし、大きな2頭も遊んでくれてただけなので全然心配なかったんですけどね。

大きい子が苦手な小型犬も多いので、小さい子は小さい子同士で遊べる専用エリアがあるのはいいですよね^ ^

 

何枚も写真撮ったはずなんですが、なぜかこの1枚しか残ってないのです…。

どこに行っちゃったんだろう。。。

image27

 

 

上の写真、手前に写っているのがドッグランの全犬種エリアです。

タイヤ、Aフレーム、ドッグウォーク、スラロームのアジリティが置いてあります。

アジリティが置いてあってもこの広さ、走るのが大好きな子もめいっぱい楽しめますね。

 

ドッグランの奥に見える建物がカフェレストランです。

テラス席もありますが、もちろん室内席もワンコと一緒でOKです。

 

右奥にある面白い形をした緑色の屋根は、ドッグランの「屋根付きエリア」です。

地面はドッグランとしては一風変わったレンガです。

わんダフルネイチャーヴィレッジの屋根付きドッグラン出展:わんダフルネイチャーヴィレッジ

我が家の愛犬の片割れは、芝や砂利が苦手でアスファルトの上を歩くのが1番得意なので、青々茂った素晴らしい芝ドッグランでは遊びませんが、このレンガ造りのドックランは走っていました(どんな都会育ちなのか…)。

雨でしたが、この屋根付きエリアで遊べたので良かったです。

 

この他に「貸切エリア」が2つあります。

予約をすることでオフ会やイベントに利用できるそうです。

 

キャンプ宿泊者は、滞在期間中は無料でドッグランを利用することができます!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました