ノルディスクの「アスガルド19.6」にホンマの薪ストーブをインストールする方法を紹介します

スポンサーリンク

 

秋です。

ようやく私のキャンプシーズンがやってまいりました。

冬用にノルディスクの「アスガルド19.6」を買ったので、今から秋冬キャンプが楽しみです。

 

我が家の冬キャンプに欠かせないのが薪ストーブです。

外はキンキンに冷えていても、薪の火力でテント内はぬくぬくですよ。

こだわりキャンパーさんは鉄製の薪ストーブを使われている方も多いのですが、我が家はキャンプ道具が多くて車の積載重量がかなりあるために、少しでも軽いストーブを選びました。

冬こそキャンプ!テント泊にホンマ製作所の薪ストーブを私がおすすめする理由」の記事で、私が実際に使っている薪ストーブを紹介していますので、参考にしてもらえたら嬉しいです^ ^

 

スポンサーリンク

アスガルドに薪ストーブをインストールするには

テントに薪ストーブ

 

テントで薪ストーブを使うには、煙突をテントの外に出さなければいけません。

どこから外へ出すのかは、テントによって違ってくるのですが…。

例えば、我が家のメインテント「ティエラ 5-EX」の場合は、サイドパネルのファスナーを開けて、そこに自作の煙突ポート(煙突を出すための板)を挟んでいます。

写真の赤丸印がその板です。

 

ですが、「アスガルド」にはこういうサイドパネルが無いんですよね。

そう、煙突を出す場所が入口以外にないんです。

戸隠キャンプ場でのテント展示会のノルディスク・アスガルド12.6

 

ということは、どこかに「穴」を開けて煙突を出すしか方法がありません。

では、どこに穴を開けるのか。

煙突の熱でテントが焦げない・燃えないようにするにはどうしたらいいのか。

これから、実際に私が「アスガルド19.6」から煙突を出すための加工方法をご紹介しますね。

 

薪ストーブをテントにインストールための加工方法

テントの煙突

 

それでは、順を追って加工方法を解説していきます。

高価な幕を切る、少しお高めな不燃・耐熱の布を買うなどちょっとドキドキしますが、思い切りが大切です。

 

煙突をどこから外へ出すのか問題

まず初めに決めておかなければいけないのは「煙突をどこから外へ出すのか」です。

先述したように、アスガルドは入口以外にファスナ―等で開く場所がありません。

窓部分もメッシュ(網戸)にしかなりませんしね。

なので、幕を切って煙突を外へ出さなければいけません。

 

さぁ、どこを切るか。

 

屋根部分か

ノルディスクのアスガルドに薪ストーブをインストールする時の煙突を出す場所(煙突ポート)

 

それとも横の立ち上がり部分か

ノルディスクのアスガルドに薪ストーブをインストールする時の煙突を出す場所(煙突ポート)

 

悩ましいですよね^ ^;

もちろんフロンティアストーブのように薪ストーブから垂直に上へ向かって煙突が伸びているなら屋根から、時計型ストーブのように薪ストーブから水平に後ろに向かって煙突が伸びているなら立ち上がり(側面)から煙突を出すのが自然かなと思います。

時計型ストーブでも、煙突を後ろへ伸ばさず上へ伸ばすのであれば、屋根からでOKです。

ホンマの薪ストーブの煙突

 

我が家の薪ストーブは時計型で、煙突を後ろへ伸ばしてテントの外へ出しているので、アスガルドの立ち上がり(側面)部分に穴を開けて煙突を出すことになります。

 

煙突の熱に耐えられる、耐熱・不燃の煙突ポートや布を使う

テントに、煙突をテント外に出すための穴を開けて終了というわけではありません。

薪ストーブの煙突はかなりの温度(200℃~300℃くらい)になりますので、幕が煙突に触れれば焦げますし、かといって大きく穴を開けたら冷たい隙間風が入ってきてしまいます。

ストーブを点けている間は寒さを感じないけど、就寝時などストーブを消すと隙間風はかなり寒いんですよね。

 

ということで、できる限り煙突とテント幕との隙間は最小限にしたいもの。

そこで使いたいのが、既製または自作の煙突ポートです。

 

煙突ポートは自作することもできますが、フロンティアストーブや小川(Ogawa)のちびストーブなど煙突の径が60mmほどのもので、屋根から煙突を出すのであれば、こちらのフロンティアストーブのフラッシングキットが便利ですよ。

Amazonで購入可能です(楽天・Yahoo!ショッピングでは取扱いがありません)。

 

「カスタマーQ&A」に【Φ120まで大丈夫でしょう】と明記されていますが、大きな径の煙突で使う場合はオレンジ色のシリコン部分をかなり大きくカットすることになるので、煙突と幕(テント)が近くなるため、幕の焦げなどに注意した方がいいかもしれません。

私が使っているホンマ製作所の時計型ストーブは煙突の径が106mmあるので、屋根からではなく側面から煙突を外に出す場合はこちらの煙突ポートが便利です(この商品は100mm以上の太めの煙突径に対応しています^ ^)。

先にご紹介した屋根部分から出すようの煙突ポートと違い、ポートに角度がついていないので、テントの側面から地面と水平に煙突を出す用です。

 

私もこれらの煙突ポート購入を考えたのですが、薪ストーブを使わない春や秋にもアスガルドでキャンプをしたいので、煙突ポートを付けたり外したりが面倒だな…と思い留まりました。

基本、面倒くさがりなんですよね

 

というわけで、薪ストーブキャンプでもストーブ無しキャンプでも、煙突ポートの着脱が簡単にできて、尚且つ見た目も良い商品や方法を探していました。

 

そこで見つけたのがこちら、「快速旅団」さんの【煙筒ポート】です。
(実際に私が購入したものです)

快速旅団の煙筒ポート

 

これは先述の煙突ポートのようなシリコン製のものではなく、煙突を出す穴が開いている不燃性の布をテントに貼り付けるタイプです。

マジックテープでテントに貼り付けるので、付け外しが簡単なのが良いと思って^ ^

これからこの煙筒ポートとアスガルドの幕を加工するので、その方法や手順は後日アップします。

 

煙突の熱から幕を守る工夫を

薪ストーブに火を入れれば、煙突も瞬く間に高温になります。

少しでも煙突が幕に触れれば、または高温時には触れていなくても煙突と布が近距離にあるだけで幕が焦げてしまう、変色する可能性があります。

大切なテントを高温による変色や焦げから守るために、少し過剰なくらいの対策も必要かなと思います。

この記事でご紹介したような既製の煙突ポートなどを利用して、アスガルドでの薪ストーブキャンプを楽しんでくださいね。

 

ノルディスクの「アスガルド19.6」は大きくて快適なのですが、区画サイトに入りきらないという悩みも付いて回ります。
こちらの記事に、アスガルド19.6でも張れる区画サイトがあるキャンプ場をまとめましたので、参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました