マイキャンちゃんねるが指導、落ち葉の上で焚火をするPR動画が大炎上!安全なキャンプはキャンパーの基本です

 

マイキャンちゃんねる大炎上!carviewとのコラボ企画出典:carview!

 

日本最大のクルマ総合サイトcarview!PR企画『新型キックスとキャンプ女子のマイキャンさんと、初めての”冬キャン”にチャレンジしてみた』という記事が、落ち葉の上での焚き火が危険だと炎上しました。

なぜ炎上してしまったのか、何がいけなかったのか、キャンパーは何を考え何をすべきなのかをこの記事でお伝えしていきます。

この案件を期に、キャンパーとしての在り方を今一度考えていただけたらと思います。
(決して、この炎上案件をやみくもに叩きたいわけではありません)

「初めての冬キャン」をテーマにした、日産キックスとのタイアップ動画だったけど…

マイキャンちゃんねるとcarview!の企画動画が大炎上出典:carview!

 

日産キックスとのタイアップ動画で、キャンプ女子YouTuber ”マイキャン” さんと日産キックスに乗って初めての冬キャンプに挑戦するという企画のようです。

 

ひとりで黙々と薪を割ったり、火起こしから焚き火をしたり、自然の中で過ごす時間を丁寧に楽しむ姿と、キュートなルックスで人気のキャンプ女子、マイキャンさん。

彼女はなんと、「キャンプのオンシーズンは、冬です!」と断言するではないですか。

キャンプは夏専門だったカービュースタッフ・ツジくんと、キャンプは大勢でワイワイやりたい派の私は、彼女のYouTube『マイキャンちゃんねる』のファンだったものの、「ホントですかぁ?」と半信半疑。そこで、マイキャンさん指導のもと、冬キャンプを初体験してみることになった。

出典:carview!PR企画 – 新型キックスとキャンプ女子のマイキャンさんと、初めての冬キャンプにチャレンジしてみた

 

落ち葉の上で焚き火をするのは危険!と大炎上

マイキャンちゃんねる大炎上!carviewとのコラボ企画出典:carview!

 

この記事と動画がアップされると瞬く間に拡散され、「落ち葉の上で焚き火は危険だ!」と炎上しました。

たしかにこの画像を見ても、落ち葉がある…ではなく、ふかふかの絨毯のように「敷き詰めてある」という表現がぴったりという印象です。

 

炎上した理由はおおむね以下の通りです。

  1. 落ち葉の上で焚き火は危ない
  2. 焚き火とテントが近くて、火の粉が飛んだら危ない
  3. 焚き火と車が近くて、万が一落ち葉に引火した場合、車に燃え移り爆発炎上する可能性がある
  4. キャンプ経験者の指導の下で安全に行っているという前提なので、指導者の資質が問われる

 

そのほかにも、こんな指摘が…。

 

私もこれは非常に危ないと思います。

そもそも乾いた落ち葉の上で焚き火は、薪が爆ぜて枯れ葉の上に落ちたら燃える可能性があります(特に風があると燃えるのが早いです)。

さらに焚き火台も平たいタイプのもので、爆ぜた木片や火の粉が飛びやすい状況です。

あと…(まだあるんかい)
焚き火台の上の網が傾いていて、乗っているアヒージョのフライパンが落ちそうで怖い!!

落ちる途中に、うっかり火の中に油が入ったらそれこそ大炎上ですよ。

 

何が問題ってね、冒頭の引用文にもあるとおり

そこで、マイキャンさん指導のもと、冬キャンプを初体験してみることになった

キャンプ経験者の「指導のもと」、行っているというところなんですよね。

キャンプ初心者が知らずにやってしまった…という企画ならまだわかるのですが、キャンプ経験者、しかもある程度の知名度があって、彼女に憧れているキャンプ女子がたくさんいるような方がなぜ落ち葉の上での焚き火を容認してしまったのか、ということ。

 

マイキャンさんの主なプロフィール(活動)
・独自のキャンプスタイルをSNSで発信
・アウトドアブランドVALOFINITEでコラボ商品を展開
オンラインサロン「大人女子キャンプ」を運営

 

オンラインサロンでは「キャンプを始めたいけど何から始めていいか分からない」女性にも「キャンプの始め方」がわかるようなノウハウ提供なども行われている模様。

であれば、なおさら間違った情報の発信はされるべきではないと思っています。

 

特に今回問題になっているのは火の取り扱いについて。

オンラインサロンに参加する女性は、マイキャンさんのように「映える」キャンプをしたいと思っている方が多いと思います。

そういう初心者の方々がこの動画を真似て、落ち葉をかき集めてその上で焚き火(しかも火柱を高くして)をして、火が落ち葉に燃え移ってしまったら。

そしてその時、風が吹いていて瞬時に燃え広がってしまったら。

キャンプは自然相手なので、危機管理も徹底しなければいけません。

 

インスタグラムやYouTubeなどでキャンプの情報を発信していてファン(フォロワー)も多く、こういう企画に「その道のプロ」として呼ばれる立場でありながら、【CMの演出】とはいえ危険なキャンプをしてしまうのは、【プロ】の資質が問われてしまいます。

 

マイキャンさんはTwitterで謝罪、carview!の記事は削除され運営会社が謝罪文掲載

マイキャンちゃんねるとcarview!の企画動画が大炎上出典:マイキャンTwitter

 

炎上騒動が勃発し、マイキャンさんはツイッターで謝罪しました。

 

マイキャンさんの謝罪文によりますと、「落ち葉が沢山ある中での焚き火の危険性を知っていたにも関わらず、キャンプ場であった事、たくさんのスタッフがいたことに甘んじてしまい、しっかりと注意喚起を撮影隊にお伝えする事ができず、また落ち葉の撤去もままならないまま撮影に至ってしまいました」とのことです。

撮影隊を含め、企画スタッフというのは画面映えを気にします。土の上での焚き火よりもふかふかの落ち葉の上での焚き火の方が「らしい」のでしょう。撮影隊が「落ち葉の上で焚き火してるところを撮りましょう」と提案してくるのも頷けます。

が、そこはキャンプを嗜み、ファンも多い発信者として、危険性を知っていたのであらば迷うことなく撮影隊にNO!を突き付けて欲しかったです。

 

ちなみに、carview!の記事はすでに削除されています。

マイキャンちゃんねるとcarview!の企画動画が大炎上

 

caeview!の運営会社、(株)カービューからもコメントが出されましたね。

carview!における不適切な記事掲載及び動画配信に関するお詫び

 

キャンパーは映えよりも自然への優しさと安全を第一に

マイキャンちゃんねるとcarview!の企画動画が大炎上

 

コロナ禍でキャンプが大人気になりました。

キャンプを連想させる企業CMも多いですよね。車メーカーも保険会社も飲食料メーカーも…こぞってキャンプをしている、キャンプへ出かけるシチュエーションのCMを作っています。

中には、「おいおい勘弁してよ…」と辟易してしまうようなCMもありますが…。

 

誰しも最初は初心者・素人ですが、情報が溢れる現代では何が正しくて何が間違っているかを自分で選別していかなければなりません。

マイキャンさんように影響のある発信者をすべて信じてしまいたくもなりますが、今回の炎上騒動のように「それは間違っている」と気付けるキャンパーでありたいですね(間違いを過剰に叩くようではいけませんが、あくまで間違いに「気づく」ことが大切です)。

 

ちなみに、自然に優しく安全も考えた焚き火は、上の画像のように焚き火台の下に【スパッタシート】などの不燃シート・マットを敷くことです。

私ですか?

焚火台の底上げをしたり、キャンプ場指定の板やブロックなどを敷いたりしています。それだけでは不十分な場合には、【スパッタシート カーボンフェルト】を焚火台の下に敷いています(軽量なのでオススメです)。厚めのF-700と薄めのF-350がありますが、大事を取ってF-700を使っています^ ^

スノーピークの焚火台は、ベースプレートベースプレートスタンドで高さを出すことができますよ。私も使ってます^ ^

 

 

自然に優しく、安全に。

マナーを守って楽しくキャンプしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました