オートキャンプ場のドッグフリーサイトとは

スポンサーリンク

 

近年、愛犬と一緒にキャンプをする方が増えています。

私もそのひとり。

愛犬と一緒に、日ごろの喧騒を忘れて自然に身を委ねる。

上げ膳据え膳の旅館もいいですが、アウトドアもとっても楽しいですよ。

 

物心ついた頃から中学に上がるまで、両親に連れられて毎年夏にキャンプをしていました。

中学生になると夏休みも部活があって行けなくなってしまいましたが、2014年の春にまたキャンプを始め、大人になったら色々こだわりも出てきて楽しいです。

 

愛犬と一緒のキャンプ、マナーを守って周りに配慮しなければいけませんが(といっても、ごくごく常識的に過ごしていれば問題ありません)、最近は愛犬にとっても優しいキャンプ場も増えてきています。

今回は、そんなキャンプ場をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ドッグフリーサイトとは

キャンプ場には『オートキャンプ場』と『キャンプ場』があります。

  • オートキャンプ場:サイト(区画)に車を乗り入れることができるキャンプ場
  • キャンプ場:車は駐車場に停め、サイトまでリヤカーや台車で荷物を運ぶキャンプ場

 

今回は、オートキャンプ場の中でもワンコ連れに特化したキャンプ場にフォーカスします。

オートキャンプ場の中には、ドッグフリーサイト(キャンプ場によっては「ドッグサイト」「ドッグランサイト」「フリードッグサイト」など若干名称が異なります)と呼ばれるサイト(区画)があり、犬連れに人気のあるキャンプ場があります。

 

「ドッグフリーサイト」とは、その名の通り、犬が自由になれるサイトです。

通常、オートキャンプのサイトというのは、こんな感じで区画は決められていますが、囲われていません。

54b2e5bbfe12fcb54119a5096fc8a97a

 

そのため、ワンコはリードで繋いでおく必要があります。

ペット禁止のオートキャンプ場もあるので、必ず事前確認してくださいね。

 

一方、ドッグフリーサイトはドッグランのようにサイトが柵で囲われています。

dogrun_a_00

 

このサイトの中は、ドッグランのようにワンコをノーリードで自由にさせておくことができます。

飼い主さんもワンコもキャンプを楽しめる、ストレスフリーなサイトなんです。

 

ドッグフリーサイトの広さ

通常のオートサイト(区画サイト)の広さは、キャンプ場によってまちまちですが、おおよそ8m×8m~10m×10mくらいが一般的です。

この大きさの中に駐車スペースも含まれます(10m×10mとは別に駐車スペースが確保されている大きな区画のところもあります)。

 

ドッグフリーサイトは、もうひと回り大きいところが多いです。

12m×12m~15m×15mくらい。

柵(サイト)の中に車を入れて、テントとタープを張っても十分スペースがあります。

image7

 

ドッグフリーサイトの料金

通常のサイトより広いこと、そして柵で囲われているため、料金は高めです。

ただ、ワンコが元気に走り回る姿を見ながらゆったりとキャンプが出来ることを考えれば、飼い主としては「安心代」と考えられると思います。

 

サイト料金比較(大人2名で利用の場合)※おおよその料金です

  • フリーサイト: 3000円
  • オートサイト:5000円
  • ドッグフリーサイト:8000円~10000円

 

最後に

私もドッグフリーサイトはよく利用します^ ^

ただ、キャンプ場の総数と比較すると非常に少ないのが現状です。

ワンコ連れキャンパーが増えているので、もっとドッグフリーサイトが増えるといいなぁと思っています。

 

飼い主さんもワンコも快適キャンプができるドッグフリーサイト、ぜひ利用してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました