北軽井沢スウィートグラス③キャビン編

スポンサーリンク

 

北軽井沢スウィートグラスのご紹介、コテージ編に続いて【キャビン編】をお届けします。

 

スウィートグラスのキャビンは大人も子供も楽しめる、好奇心や冒険心をくすぐる工夫が随所に施されています。

キャビンエリアマップ(公式HPより)

 

スポンサーリンク

ギッパのみみずくキャビン

宿泊されている方がいたので、写真なしです…(>_<)

キャビンの上に大きなタープが広げられている、アウトドア感をたっぷり味わえる宿泊施設です。

 

 

イーグルキャビン

 

アウトドアメーカーのコールマンとコラボしているキャビンです。

コールマンのランタン・クーラーボックス・調理器具が揃っています^ ^

 

ちなみに、ランタン(特に燃料がホワイトガソリンのタイプ)はコールマンを強くオススメします!!

特に、ホワイトガソリンのランタンとバーナーであれば、コールマン一択でもいいです!!

コールマン ランタン ワンマントルランタン 286A740J
アイルズストアオンライン
¥ 19,800(2019/05/20 14:31時点)

 

手軽なのでガスランタン・ガスバーナーが人気のようですが、”火”を楽しむなら是非ガソリンランタンがおすすめです^ ^

そのへんは別記事で熱く語ろうと思ってます。

 

話が逸れました。。。

このイーグルキャビンの薪ストーブがとにかくアウトドア心をくすぐるんです。

キャビンの中は撮影できないので、公式HPから写真をお借りしました。

 

どうですか、部屋の真ん中にこの薪ストーブ!!

超オシャレ!!!

薪ストーブ設置は冬限定なので、イーグルキャビンは冬の宿泊をおすすめします^ ^

 

ツリーハウスフォレスト

 

高床式のツリーハウスです。透明のビニールシートで囲われている部分はデッキで、冬でも風を遮って暖かくBBQを楽しむことができます。

スウィートグラスはこういう気遣いが素晴らしいですよね。

真冬の夜は-10℃くらいまで冷え込みますから、このシートがあるのと無いのとでは大違いです。

 

1階(?)部分にはブランコやハンモックポールが設置されていますので、ブランコを揺らすもよし、ハンモックを揺らすのもよし、です。

(ハンモックは持参orレンタルしてくださいね)

 

フリードッグキャビン

 

【with dog】とは書いていませんが、ワンちゃん同伴専用キャビンになります。

手前の柵で囲ってある部分がプライベートドッグランです^ ^

透明のビニールシートで囲われていますが、開けるとドッグランとデッキが繋がります。

ワンコはドッグランで遊び、人間はデッキでBBQ…なんて楽しいですよね。

 

カントリーキャビン

 

「大草原の小さな家」を彷彿とさせるカントリー調のキャビン。

キャビンの中を覗いたり写真を撮ったりできないので残念極まりないのですが、このキャビンの特徴は何と言っても【キッチンストーブ】です!!

簡単に言うと、調理用薪ストーブですね。

百聞は一見に如かず、素敵なキッチンストーブをご覧ください(公式HPから写真お借りしました)!!

 

何、このレトロでシャレオツなストーブ!!!!!

ちょうどストーブの真ん中の高さにある大きな鉄板部分で加熱調理します。

ダッチオーブンとか置いたら、よりカントリー感が出て良いですね^ ^

 

ドッグガーデンキャビン

宿泊されている方がいらっしゃったので、外観撮影できませんでした。

こちらも【with dog】ではありませんが、ワンちゃん同伴専用キャビンになります。

プライベートドッグランは「フリードッグキャビン」より広め。

大きなワンちゃんでも走り回れる広さです(10m × 12m)。

 

 

USログキャビン

こちらも宿泊されている方がいらっしゃったので、写真撮影できませんでした。

多くのキャビンが板張りの外壁なのに対して、USログキャビンは丸太造りになっているのが魅力です。

板や角材に比べて、より木のぬくもりを感じやすいのではないでしょうか。

…私がログハウス好きだからそう思うのかな。。。

 

 

ハンモックキャビン

 

カップル・夫婦向けの小さなログキャビン(エキストラべッドで3名までOK)

名前の通りハンモックを楽しむ宿泊施設ですが、寝るためのハンモックではなく『ハンモックチェア』が設置されています。

 

ハンモックチェア(公式HPより)

 

真ん中の黒い鉄ボウルのようなものは焚火台です。

ハンモックチェアに揺られながら焚火を楽しむのも大人の贅沢ですね^ ^

 

ハンモックキャビン with dog

 

ハンモックキャビンにドッグランが付いた、【with dog】キャビンです。

こちらも2名用(エキストラベッドで3名までOK)なので、ワンちゃんと一緒にゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができます^ ^

 

サンルーフキャビン

 

広いデッキを携えたログキャビンです。

デッキの屋根は開閉できるので、晴れた日には開放的なBBQが楽しめます^ ^

また、デッキには薪ストーブ型オーブンも設置してあるので、本格的なアウトドアクッキングに挑戦するのも良いですね。

 

サンルーフキャビン with dog

 

サンルーフキャビンの設備そのまま、プライベートドッグランが付いた【with dog】です。

写真は切れてしまっていますが、写真左端にドッグランが続いています。

 

ロフトキャビン

 

天窓付きのロフトが魅力的なキャビン。

ゴロンと床に寝っ転がって星空を見上げることが出来ます。

 

夏もですが、特に冬場は空気がキーンと冷たく張り詰めているので星がとても綺麗に見えます。

「星が降ってくるよう…」というのはまさにこのこと。

電気を消してゆっくり星を眺めたいですね。

 

満天星屑キャビン

残念ながら宿泊されている方がいらっしゃって、撮影できませんでした。

ロフトキャビンより更に大きな天窓が付いて、満天の星空を眺めることができる”名前どおり”のキャビン。

リニューアルして、より一層素敵なキャビンになっています^ ^

 

 

満天星屑キャビン with dog

こちらも宿泊されている方がいらっしゃったので、撮影不可でした。

スウィートグラスは真冬でも利用客が多いです…コテージとキャビンの薪ストーブは魅力的ですからね!

 

【with dog】ですので、ワンちゃんと一緒にロフトで満天の星空を眺めながら眠りにつくのも「ならでは」ですね^ ^

 

 

とんがりぼうしのコロモックの家

 

テント?キャビン?

どっちの良いところも1つにしたテントキャビンです^ ^

背高のっぽの三角屋根はロフトもついているので、私が滞在中は若い男女グループが宿泊していました。

 

キャビン編まとめ

寝っ転がったまま星空が見える仕様になっていたり、ハンモックやサンルームなど時間をゆったり楽しめたり、イーグルキャビンやカントリーキャビンなど、ワンランク上の楽しみ方ができるなど、スウィートグラスのキャビンは遊び心がいっぱいです^ ^

 

冬にはせっかくの薪ストーブ。

薪ストーブの上でダッチオーブン料理を楽しむのも良い思い出になりますね。

私も使っている、スノーピークの「和鉄ダッチ」。
燕三条の鋳鉄技術が駆使された日本製の高品質ダッチオーブンです。
従来のダッチオーブンよりもお手入れが楽なのも良いですよ。
1つ持っていると料理の幅も広がるし時短調理になるのでオススメです。

専用の収納ケースもあります。

 

スウィートグラス関連記事はこちら

北軽井沢スウィートグラス①施設編
北軽井沢スウィートグラス②コテージ編
北軽井沢スウィートグラス④テントサイト編

 

タイトルとURLをコピーしました