関東の温泉付きキャンプ場!塩原グリーンビレッジ①~キャンプサイト・温泉編~

スポンサーリンク

 

一昔前までは、キャンプといえば「不便な生活」というイメージを持たれていましたが、今では【グランピング】も流行っているように、「日々の喧騒から離れた癒しの生活」がキャンプの醍醐味でもあります。

 

私も「快適キャンプ」派のひとりで、キャンプ中は毎日、キャンプ場の近くの日帰り温泉に通います。
(なので、近くに温泉のあるキャンプ場にばかり行きます)

 

今回は、私と同じようにキャンプでも温泉を楽しみたい!という方に是非おすすめしたいキャンプ場のご紹介です。

 

宿泊時に写真をたくさん撮ったのですが、以前使っていたパソコンにデータを落としていて、バックアップを取らないままパソコンが壊れて復旧不可だったため、スマホに入っていた写真にてご紹介していきます。
次に宿泊した時に、撮影してきます。。。

 

スポンサーリンク

塩原グリーンビレッジはキャンプ場の敷地内の2つの温泉に入れる素敵キャンプ場!

塩原グリーンビレッジ

 

今回ご紹介するのは、栃木県那須塩原市にある「塩原グリーンビレッジ」です

塩原温泉に近く、キャンプ場に2つの温泉がある珍しいキャンプ場です。

1つは日帰り温泉でスキーや行楽帰りの方も入れるのですが、もう1つはキャンプ場利用者専用の温泉なので、ゆっくりできます。

たまにキャンプ場専用温泉は湯量が少なくなって使用不可の場合があります(私も一度、これに当たってしまった…)

 

また、炊事場ではお湯が出ますし、トイレも暖房便座で各個室にヒーターも付いている(寒いところなので^ ^;)、高規格キャンプ場ですよ。

 

塩原グリーンビレッジの基本データ

住所:栃木県那須塩原市塩原1230
TEL:0287-32-2751(9:00~17:30)
HP:https://www.shiobara-gv.net

予約開始:随時受付
営業期間:通年営業
定休日:不定休?(公式サイトでは確認できませんでした)

標高:500m
総サイト数:90サイト
電源サイト:82サイト

サイトサイズ:

  • バイクサイト 12㎡…14サイト
  • 56㎡(7×8m)…5サイト
  • 80㎡(7×11.5m)…36サイト
  • 100㎡(8×12.5m)…40サイト
  • 180㎡(場所により異なる)…3サイト

宿泊施設:

  • 森のコテージ(5/6名):室内26畳 / デッキ10畳
  • ログコテージ(6名):室内13畳 / デッキ3.5畳
  • 畳キャビン(4名):室内6畳 / デッキ3畳
  • ウッドキャビン(2名):室内6畳 / デッキ3畳
  • 畳トレーラー(4名):室内5.5畳 / デッキ4.3畳
  • ログハウス(4名):室内7畳 / デッキ3.5畳

チェックイン:13:00
チェックアウト:12:00

【アーリーチェックイン】
オートキャンプサイト、宿泊施設(コテージ・キャビン・トレーラー・ログ)ともに午前9時~
※どちらも有料です【レイトチェックアウト】
オートキャンプサイト、宿泊施設(コテージ・キャビン・トレーラー・ログ)ともに~17時まで
※どちらも有料です

 

料金:料金一覧表(公式サイトより)

 

予約方法

予約は「電話」か「FAX」での受付となります。

公式サイトに空き室状況の記載がないので、宿泊したい日が空いているか、電話で確認するまでけっこうドキドキです(笑)

 

電話:0287-32-2751(9:00~17:30)

FAX:0287-32-3517
こちらのFAX専用フォームに必要事項を入力してからプリントアウトしてFAX送信
毎月1日はFAX対応休止翌日の確認になるので注意!

 

オートキャンプサイト

塩原グリーンビレッジのオートキャンプサイト

 

キャンプサイトは4つの広さに分かれていて、そのほとんどでAC電源を使用することができます(有料:\1,100/日)。

地面は土の上に小さな砂利(ビリ)が敷かれているので、水捌けは良いですよ^ ^
(一部、芝サイトもあります)

塩原グリーンビレッジ

 

バイクサイト 12㎡

塩原グリーンビレッジのバイクサイト

 

弧を描くように配置されたバイクサイト。

ツーリングキャンプにぴったりのコンパクトなサイトです。

14サイトがロープで区画されています。

塩原グリーンビレッジのバイクサイト

 

オートキャンプサイト

塩原グリーンビレッジのオートキャンプサイト

 

4つの広さが選べるオートキャンプサイト。

テントやタープの大きさによって選んでください。

上の写真は100㎡のサイトです。

 

私は冬に利用したのですが、180㎡のサイトを指定されました^ ^
(冬キャンプは大幕×2なので、広いサイト嬉しい!)

A-11、ピンクに色付けされている場所です。

塩原グリーンビレッジのAサイト

 

写真の左端に移っている立て札の位置から、奥の植栽までが1サイトです。

横長で、とても広いサイトでした ^ ^

塩原グリーンビレッジのオートキャンプサイト

 

敷地内に温泉があるのが最大のメリット!

塩原グリーンビレッジの敷地内には、日帰り温泉の「福の湯」とキャンプ場利用者専用の温泉「野天の湯」があります。

「福の湯」は有料ですが「野天の湯」は入浴料無料と、とってもお得!

11月中旬~3月中旬の「冬期」は、福の湯も無料で入浴し放題になります^ ^
温泉大好きな私は冬期一択で、もう数回宿泊しています^ ^

 

森のいで湯「福の湯」

塩原グリーンビレッジの福の湯

 

キャンプ場利用者はもちろん、スキー客、行楽客もたくさん利用する100%自家源泉かけ流しの温泉施設です。

 

公式サイト >>> 森のいで湯 福の湯

【利用料金】
一般料金:
大人(中学生以上)720円
子供(3歳~小学生)410円
65歳以上 360円
身障者 半額宿泊者料金:
大人(中学生以上)360円
子供(3歳~小学生)210円

 

キャンプ場宿泊者(コテージ・バンガロー等含む)は、一般料金の半額で利用することができますよ^ ^

先ほどもお伝えしたように、冬期は無料でこの福の湯を利用することが出来るので、冬キャンプが本当にお得です!

 

森のいで湯「野天の湯」(キャンプ場宿泊者専用)

塩原グリーンビレッジの野天の湯

 

こちらはキャンプ場に宿泊している人だけが入ることができる温泉です。

一般の方は入ってこないので、比較的ゆったり利用することができます(GWや夏休みなどの繁忙期は込み合うと思いますが^ ^)。

たまに、温泉の湯量が少なく利用できない場合があります^ ^;
残念ですが「福の湯」へ行きましょう(私も一度、利用できない時がありました)。

 

脱衣場です。

ヒーターがあるので、冬でも暖かいですよ^ ^
(洗面台の向かって右隣にある四角い箱がヒーターです)

塩原グリーンビレッジの野天の湯の脱衣場

塩原グリーンビレッジの野天の湯の脱衣場にあるヒーター

 

脱衣場には鍵付きロッカーがあり、荷物を入れておくことができます。

100円を入れて返却されるタイプですよ。

塩原グリーンビレッジの野天の湯の脱衣場のロッカー

 

こちらの「野天の湯」には洗い場がありません。

体や髪の毛を洗うことは禁止されているので、「福の湯」でお願いします。

「野天の湯」では、ゆっくり温まるだけにしてくださいね。

塩原グリーンビレッジの野天の湯

 

塩原グリーンビレッジのオートキャンプサイトと温泉まとめ

塩原グリーンビレッジのオートキャンプサイト

 

塩原グリーンビレッジは自分のキャンプスタイルに合わせてサイトの広さが選べるキャンプ場です。

ツーリングキャンプからグルキャン(グループキャンプ)まで、人数やテントやタープの大きさに合ったサイトを選んでくださいね。

 

敷地内に温泉があり、いつでも徒歩で入りに行くことができるのが魅力です。

キャンプ場宿泊者だけが利用できる「野天の湯」があるのも嬉しいポイント。

特に、11月中旬~3月中旬は「福の湯」が無料で滞在中入浴し放題なので、本当に冬場におすすめのキャンプ場ですよ!!

 

タイトルとURLをコピーしました