高齢犬でも諦めないで大丈夫!10歳以上の老犬でも入れるペット保険「ペッツベスト」で安心を手に入れよう

スポンサーリンク

 

可愛い愛犬も年を取るにつれて、病気やケガも増えてきます。

人間も同じですけどね^ ^;

若い頃は病院へ行くのは狂犬病やワクチンなどの予防接種だけだったけど、「老犬」といわれる年齢になってきたら、ちょっと気になる症状が増えてきた…ということも珍しくはありません。

 

愛犬の通院で気になるのが「診察料」ですよね。

ペットは人間のように国民健康保険があるわけではないので、治療費や診察費は全て「実費」になってしまいます。

そこで、治療費や診察費を助けてくれるのが任意の「ペット保険」です。

とはいえ、ペット保険は10歳を境に加入できないものがほとんどなので、若いうちに加入しておくべきですが

ケガも病気もしたことなくて健康だったから、保険なんて考えたことなかったよ

という方もいらっしゃいますよね。

もう10歳を超えているからペット保険に加入できないの?との心配は無用です^ ^

今回は、高齢犬でも加入できるオススメのペット保険をご紹介します。

 

スポンサーリンク

高齢犬のペット保険に求めること

老犬でも加入できるペット保険「ペッツベスト」

高齢犬になってからペット保険への加入を求める場合の条件ってどんなものがあるでしょうか。

  • 保険料はできるだけ安い方がいい
  • 高額な治療費や長期治療になることが多いので、できる限り治療費は保険でまかないたい
  • 補償の待期期間(加入直後~補償が開始されない期間)が短い

 

最低限、これは絶対条件ですよね。

これらが全部クリアできて、もっとメリットがあるペット保険が、これからご紹介する「ペッツベスト」です。

 

「ペッツベスト」ってこんな保険!おすすめポイント

老犬でも加入できるペット保険「ペッツベスト」

老犬になってからのペット保険加入をお考えの飼い主さんに、自信を持っておすすめしたい保険が「ペッツベスト」です。

我が家の愛犬もペッツベストに加入していて、治療費が嵩んでしまった時に、とても助かりました。

 

3つのプランから選べる

「ペッツベスト」のプランは3つ。

とてもシンプルなので、オプション追加など悩まずに済みますよ^ ^

 

ベーシックプラン

病気やケガはしっかり補償してほしいけど、保険料は手頃な方がいい…という方にピッタリのプランです。

  • 保険金の支払い割合:80%
  • 保険期間(1年)あたりの保険金額:年間50万円まで
  • 1回の事故(傷病)に対する保険金額:25万円まで
  • 1回の事故(傷病)に対する免責金額:2万円

 

ファーストプラン

高齢で大きな病気が心配、体が弱い、より補償内容を充実させたい…という方にピッタリのプランです。

  • 保険金の支払い割合:80%
  • 保険期間(1年)あたりの保険金額:年間100万円まで
  • 1回の事故(傷病)に対する保険金額:50万円まで
  • 1回の事故(傷病)に対する免責金額:7,500円

 

アクシデントプラン

突然のケガに備えるプランです。

ベーシックプランとファーストプランの中間の補償内容で、万が一のケガや急病に対応できます。

  • 保険金の支払い割合:80%
  • 保険期間(1年)あたりの保険金額:年間50万円まで
  • 1回の事故(傷病)に対する保険金額:25万円まで
  • 1回の事故(傷病)に対する免責金額:7,500円

 

ペッツベストのおすすめポイント

私が実際に加入して、良かったなぁ、ありがたいなぁと思ったポイントをご紹介します。

きっとたくさんの方に、私が感じた「良かった」「ありがたい」を感じてもらえるポイントだと思いますよ^ ^

 

おすすめポイント① 医療費用80%補償

老犬の新規加入ができない多くのペット保険も含め、医療費用の80%を補償してくれる保険はほとんどありません。

50%~70%の補償がほとんどです。

かかった治療費の80%をペット保険が補償してくれるのは、金銭面で本当に助かります。

 

2017年に虹の橋を渡った我が家の愛犬の例をご紹介しますね。

その子は心臓病から肺水腫を起こしてしまい、救急病院へ連れて行き、そこで7日間お世話になりました(その救急病院で最期を迎えました)。

救急病院は通常の動物病院よりも治療費が割高で、さらに、肺から水を出すための薬や治療、検査など24時間体制で看ていただき、7日間で税込み36万円強かかりました。

ですが、保険請求をしたところ、約28万円が保険でまかなえ、実質8万円ほどの負担で済んだのです。

 

このように、治療費が高額になるほど金銭的な補償が大きくなるので、本当にペット保険は大切です。

この医療費用の補償の割合(%)が大きいのが、ペッツベストの大きなメリットだと感じているので、おすすめしています。

 

おすすめポイント② 1日の限度額なし

1回のケガや病気に対する補償金額(25万円または50万円)内であれば、1日にかかる治療費の補償金額に限度はありません。

特に手術をする場合には、1日で「手術代」「入院費」「投薬代」など大きな金額になることも珍しくはありません。

「1日〇〇円まで」と補償が制限されてしまうと、その制限から超えてしまったお金は実費で払わなければならなくなってしまうので、1日の補償限度額が無いのも高ポイントです^ ^

 

おすすめポイント③ 待機期間が14日間

加入後、急に体調がおかしくなってしまった場合に、待機期間が短いのは助かります。

待期期間とは、保険の加入日から補償が開始される(責任開始日)までの期間のことです。
この待期期間中は「通院」「入院」等に対して保険金が支払われないので、注意が必要です。

 

「ペッツベスト」の待期期間は14日間です。

人間の医療保険では加入直後から補償が開始されますが、「ガン」などの特定疾患については、責任開始日が数十日後になることがほとんどです。

でも「ペッツベスト」は癌などの重疾病でも14日間の待期期間を経れば補償が開始されるので、この短期間は万が一の時に、とても助かりますね。

 

おすすめポイント④ 超高齢でも加入できる

冒頭でもお伝えしましたが、10歳を超えると新規加入できないペット保険が多い中、「ペッツベスト」はなんと16歳11ヶ月まで加入することができるんです。

これってすごく安心できますよね。

我が家の愛犬たちも若い頃は元気だったので、保険は高いし、あまり積極的に保険加入を検討しないまま、ようやく飼い主の私が重い腰を上げたのは、ワンコたちが9歳の時でした(2頭同い年です^ ^)。

その時点で、すでに入れる保険が限られてしまっていて

9歳だと入れない保険が多いー(泣)

と、ちょっと焦ったのも事実です。

なので、手厚い補償があって、高齢犬でも加入できる「ペッツベスト」は本当に心強かったです。

 

おすすめポイント⑤ 高齢~超高齢でも保険料の上昇率がゆるやか

年を重ねるごとに病気やケガのリスクが高まるので、保険料が年々高くなっていくのは仕方のないことなのですが、「ペッツベスト」は保険料の上昇率がゆるやかなので、愛犬が年を重ねてもそこまで負担にはなりません。

毎年(分割だと毎月)払っていかなければいけない保険料ですから、少しでもお財布に優しい方がいいですよね。

 

おすすめポイントはたくさんあるけど、デメリットもある

私は愛犬が加入していてとても助かった経験があるので、ペッツベストをおすすめしているのですが、デメリットも感じています。

それがこちら。

治療費は先に飼い主が払い、その後にペッツベストへ保険金請求し、後日保険金が振り込まれる

動物病院の会計時に、保険金が差し引かれた金額を窓口で支払うペット保険もある中、ペッツベストはかかった治療費は飼い主がまず病院窓口で全額支払わなければなりません。

高額になるほど結構な負担額になりますよね。

私も実際、36万円を救急病院に支払って、後日保険金が振り込まれました。

 

癌の治療や先進医療の場合には、もっと金額が大きくなることも十分考えられますので、まずは全額自己負担というのはなかなか厳しいな…と思います。

このデメリットだけ納得できれば、本当に手厚い補償がされる保険ですので、ぜひぜひご検討ください。

 

デメリットではないけれど、注意点

デメリットではないのですが「免責金額」というものがあります。

免責金額とは
保険の対象となる医療費に対して、お客様にご負担いただく金額をあらかじめ決めたものです。入院・通院が必要な場合でも、ひとつの事故(傷病)に対しての免責金額のご負担は1回だけです。
引用:ペッツベスト公式サイト

 

ペッツベストの免責金額は、プランによって2つの負担額に分かれています。

  • ファーストプラン、アクシデントプラン 7,500円
  • ベーシックプラン 20,000円

 

例)トイプードルが癌で治療した場合<ベーシックプラン>公式サイトより)

対象となる医療費 294,200円

(対象となる医療費 – 免責金額)× 80%

(294,200円 - 20,000円)× 80% = 219,360円

219,360円が保険金としてペッツベストより支払われますので

294,200円 - 219,360円 = 74,840円

74,840円が実質の自己負担額となります。

 

ベーシックプランでは免責金額は20,000円ですが、ファーストプラン・アクシデントプランでは7,500円ですので

(294,200円 - 7,500円)× 80% = 229,360円(保険金支払い額)

294,200円 - 229,360円 = 64,840円(自己負担額)

より保険金の補償額が増えて、自己負担が少なくなりますね^ ^

 

「ペッツベスト」は、この「免責金額」を設けることで保険料が安くなっています。

保険を使う場合、ベーシックプランなら2万円以内、ファーストプラン・アクシデントプランなら7,500円以内の治療費の場合は免責金額内になってしまうため、保険を使うメリットがありませんので、治療費が各「免責金額」以上になった場合に保険金請求しましょう。

老犬でも加入できる「ペッツベスト」まとめ

10歳、11歳、12歳…と高齢になってくると心配なケガや病気。

今まで元気だったからペット保険に入っていなかったけど、老犬になってからいざ入ろうと思っても新規加入には年齢制限がある保険会社も多いです。

特に10歳を超えてから加入できるペット保険は本当にごく少数なので

他のペット保険には入れないけど、老犬でも加入できるってことは、もしかしたら保険料が高かったり、あまり補償がされなかったりするのかしら…

 

と不安になるかもしれませんが、この記事でご紹介している「ペッツベスト」はそんなことはありません!

 

  • 老犬になってからの加入でも保険料はさほど高額ではなく、その後の保険料の上がり方もゆるやか
  • 1日の保険金支払い限度額もありませんので、高額な手術や治療も安心(ただし1回の傷病につき25万円 or 50万円の限度額内)
  • 待期期間が14日間と短い
  • 免責金額が設定されている

 

ペットの万が一の場合に、安心できるペット保険をぜひご検討くださいね。

より詳しい補償内容などは、ペッツベスト公式サイトで確認できます。

 

愛犬とおでかけした時に事故に遭ってしまった…!
ペット特約でケガ以外の補償が手厚いロードサービスが受けられる自動車保険があるので、加入しておくと万が一の時に助かりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました