福島県の裏磐梯にあるおすすめのペットと泊まれる宿「プチホテル・フットルース」 

スポンサーリンク

 

とてもお気に入りのペット宿のご紹介です。

福島県の裏磐梯にある【プチホテル・フットルース】さん。

 

ペットと泊まれる宿のランキングでも常に上位で、たくさん賞を獲られている素敵なお宿です。

 

スポンサーリンク

フットルースはこんなところにあります

磐梯高原最大の湖「檜原湖」や「五色沼」からもほど近く、でも静かな森の中(?)にあるペットと泊まれるプチホテル。

大通りから1本道を入ったところにあるので、静かなんですよ。

map出典:プチホテル・フットルース公式HP

 

お宿の周りには湖や五色沼など景色の良い観光地がたくさんあり、お散歩には事欠きません。

メイン道路(国道459号)は歩道が広く、整備されているので安心です。

周辺の見どころは後ほどご紹介しますので、最後までお付き合いくださいね。

 

外観・施設

それではさっそく、どんなお宿かご紹介していきますね。

道路沿いに駐車場があります。

そしてお宿の外観。

image10

 

カワイイでしょ?

可愛いですよね??

「プチホテル~」って感じです。

 

そして、左端の木の柵の所が広いドッグランです。

image11

 

広い!!

そしてキレイに手入れされています。

大型犬が何頭走り回れるんだろう…というくらい広いドッグランです。

雪が積もる冬だって、元気に雪のドッグランで遊べますよ^ ^

 

右端の小上がりになっているのがウッドデッキでテーブルとチェアがあるのですが、常にポットにホットコーヒーが用意されています。

ワンコが走り回るのを眺めながら、飼い主はコーヒーを頂く…。

まさに至福の時を過ごせます(コーヒー写真撮るの忘れました…涙)。

 

玄関を入ると右側に、ワンコの足洗い場があります。
(これも写真撮り忘れた…私のバカ)

室内だしお湯が出るので冬場でも寒くありません。

足拭きタオルとバスタオルも用意されているので、大きなワンちゃんの体をガシガシ拭くことができます。

 

玄関を入って真正面が受付のカウンターになりますが、その隣にレンジと冷蔵庫があります。

image4

 

宿泊客は自由に使えるので、ワンコの缶詰などを冷やしたり温めたりできます。

冷蔵庫に入れておく時には、備え付けのマジックで名前を書いておきましょう。

 

お風呂は別棟になります。

image5

 

お宿を正面から見た右隣にあります。

貸切で利用できる露天風呂が2つ、24時間いつでも空いている時に入れます。

本館の階段の下にお風呂の鍵かけてあるので、お風呂に入る時はその鍵を持って行きます。

ようするに、階段の下に鍵がかかっていなければ、誰かがお風呂に入っているということ。

わかりやすくて良いですね。

 

お風呂のドアを開けると、脱衣場があります。

image7

 

1畳弱くらいのスペースなので、2人で脱衣できるくらいです。

洗面台には化粧水と乳液、綿棒などが備えられています。

ドライヤーもあるので助かりますね(ドライヤーはお部屋にもありますよ)。

 

脱衣場横の引き戸を開けると洗い場があり、2人同時に体が洗えます。

シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔料が置いてあります。

image8

 

そして、露天風呂。

image6

 

足を伸ばしてゆったり2人~3人でも入れる大きさです。

ph9以上のアルカリ性温泉です。

アルカリ性だけど、ヌルヌルというよりパキっとした感じの肌触りです。

お風呂から上がった後は長いことポカポカしてますよー♪

image9

 

ちなみに、お風呂のすぐ隣(入口)にある自動販売機は
ジュース類は定価(缶ジュース130円、ペットボトル160円 / 2016年9月現在)、缶ビール(アサヒスーパードライ)も350mlで260円だったかな…良心的です。

 

それではお部屋に行ってみましょう。

お部屋は全部で9部屋で、1階に2部屋、2階に7部屋あります。

3人部屋が1部屋、あとは2人部屋です(エクストラベッドのあるお部屋もあり)。

 

我が家は3人部屋です。

image3

 

全館そうなのですが、お部屋も獣臭さや尿臭などは一切ありません!!

むしろ芳香剤のいい香りがします♡

 

ベッドの上にはアメニティが用意されています。

image2

 

バスタオルと、袋の中にフェイスタオルと歯ブラシ。

袋は中身ごとお持ち帰りOKです。

この袋、旅行の時にお風呂へ行く際の下着入れとか、濡れたタオル入れとかに重宝するんですよ(笑)

 

各お部屋はバス・トイレつきです。

驚くなかれ、ユニットバスだけどトイレは暖房便座・ウォシュレット!!!

image1

 

気配り目配り心配りが素晴らしいオーナー夫妻

フットルースのオーナーはとっても気さくで、とっても気配り心配りのできる方です。

そして動きも無駄がなくテキパキしてる。

 

チェックインすると、まずワンコの写真を撮ってくれます。

ワンコの扱いに慣れてるから、毎回ベストショットなんですよ♪

その写真は、チェックアウトの時にハガキサイズのカードにしてプレゼントしてもらえます♡

 

接客はオーナーがメインで、オーナー奥様は裏方でお料理や雑務をされているようです。

平日に宿泊したときには、宿泊客の朝食時に学校へ行くオーナーの娘さんたちが挨拶をしてくれました。

よくデキた娘さんたちだなぁと毎回感心してしまいます。

 

「おはようございます」とダイニングに向かって声をかけてくれるので
「おはようございます。いってらっしゃい」と声をかけます^ ^

 

こういうやり取りも大きな旅館にはない、素敵なひと時です。

 

ボリュームたっぷりの食事

さてさて、お楽しみの食事です。

夕食は18時30分から、洋風のコース料理です。

1品食べ終わる頃に、タイミングを見計らってオーナーが運んで来てくれます。

メニューは、その時々・季節・連泊などによって異なりますので、参考程度にご覧くださいね。

 

ダイニングに行くと、前菜とサラダがテーブルに用意されています。

image12

 

飲み物(特にアルコール類)は豊富です。

オーナーがお酒好きらしく、たくさんの種類のアルコールがカウンターの後ろに所狭しと並んでます。

 

前菜が食べ終わる頃には魚料理が運ばれてきます。

dsc_0406

 

この日は赤魚にさっぱりしたソースでしたが、前回は鰆のホワイトソースがけだったり、川魚だったり、魚料理はバリエーション豊かです。

 

続いて、スープです。

この日はじゃがいものスープでした。

dsc_0407

 

そしてメインのお肉料理です。

骨付きのチキンです。

すっごく柔らかくて、味もとっても美味しいんです♡

連泊すると2日目以降はチキン以外のお肉になったりします。

image13

 

お肉料理と一緒にライスも出てきます。

ライスはおかわり自由なので、食べ終わったらオーナーさんに声をかけてください♪

 

オーナーさんもライスが少なくなると

「おかわりどうですか?」

って声をかけてくれます。

1人で配膳して忙しいのに、気配りハンパない。

 

最後はデザートです。

デザートも日によって変わります。

この日はパイナップルとマンゴーのケーキでした。

image14

 

お水とコーヒー・紅茶・日本茶はセルフサービスです。

デザートが出てくるタイミングで、皆さん食後のコーヒー・紅茶を入れに行きます(笑)

 

ちなみに、ダイニングとドッグランは22時まで出入り自由で、コーヒー・紅茶・日本茶も自由に飲むことが出来ます。

 

夕食時に、朝食の時間と和食 or 洋食のリクエストが出来ます。

テーブルにリクエスト用紙が用意されているので、夕食が終わるまでに書いて、そのままテーブルに置いておきます。

和食か洋食か、1人ずつ指定ができるのが嬉しいですね。

グループごとにどちらか選べるのは大きな旅館やホテルでも見かけますが、ひとりひとり選べるのはなかなかありません。

 

朝食の時間は、7:00、7:30、8:00 から選べます。

朝食の時間が選べるというのは、個人経営のペンションやプチホテルではとても珍しいと思います。

早く発ちたい、観光に行きたいなど、早めに朝食を摂りたい場合にはとっても助かるサービスですね^ ^

 

私は洋食にしました。

image15

 

プレート、ボリュームあります!!!

パンはバスケットに3つ入っていますが、おかわり自由。

オーナーに声をかけると温かいパンを持ってきてくれます。

 

和食はコチラ。

image16

 

和食もかなりのボリュームがあります。

ご飯はもちろんおかわり自由♪

 

朝の飲み物は全てセルフサービス。

水・コーヒー・紅茶・日本茶に加えて、オレンジジュースと牛乳があります。

ご飯を食べながら牛乳を飲み、食後にコーヒーを頂きました(笑)

 

周辺情報

 

map

 

秋元湖

 

akimotoko出典:wikipedia

お宿から1番近い湖。

日の出写真撮影スポットで、朝方はカメラを構える人をチラホラ見かけます。

朝靄に包まれた秋元湖も幻想的。

裏磐梯の三湖の中で1番透明度の高い湖です。

 

五色沼

 

img130_1出典:JTB

磐梯山の噴火によって生まれた湖沼群を楽しめる五色沼探勝路。

全長3.7kmの遊歩道はワンコと一緒に歩けます。

ところどころ細いところがあるので、気を付けてくださいね。

 

檜原湖

 

lake_hibara-ko2出典:wikipedia

裏磐梯最大の湖。

バスフィッシングやワカサギ釣り、湖畔キャンプなどアウトドアが楽しめます♪

遊覧船や貸しボートもあり。

すぐ近くの道の駅裏磐梯から湖が眺められます。

 

小野川湖

 

lake_onogawa-ko2出典:wikipedia

バスフィッシングやカヌー、キャンプにワカサギ釣り…と、アウトドには事欠かない穴場の湖。

檜原湖よりこじんまりしてる分、静かに楽しめます。

 

中津川渓谷

 

img_7出典:http://blogs.yahoo.co.jp/siyohwa/53110281.html

磐梯吾妻レークラインの途中にある中津川渓谷。

とにかく紅葉が綺麗です!

渓谷に下りることもできます(急なところも多いので、ワンコ連れは厳しいかも)。

中津川はフットルース近くの秋元湖に注がれます。

秋元湖の透明度が高いのは、中津川の水が綺麗だからなんだと思います。

 

スキー場

 

2405-012出典:福島県観光情報サイト

裏磐梯には、猫魔スキー場グランデコスノーリゾート箕輪スキー場があります。

猫魔スキー場に滑りに行ったことがありますが、パウダースノーでふっかふかでした♡

 

どらや製菓

 

img_4315-1-e1456273616338-768x1024出典:ふくしま市場

裏磐梯ではなく表磐梯の猪苗代町にある「どら焼き」のお店なんですが、とにもかくにも超オススメです!!!

あんこと生クリームがこれでもか!ってほど入っているのに、全然くどくないミラクル。

小さいお店なのに開店と同時にどんどん人が来て、あっという間に売り切れます。

色々なところで生どら焼きを食べていますが、「どらや」の生どら焼きが1番好きです。

生どら焼き好きな方は是非是非食べてみて下さい!!!

公式HPないので(笑)食べログ

 

裏磐梯のプチホテル・フットルースまとめ

これまでたくさんペットと泊まれる宿を利用しましたが、フットルースさんは自信を持ってオススメできる素敵なお宿です。

 

【おすすめポイント】

・外観、施設内、ドッグラン、すべてが綺麗で清潔
・動物臭などの嫌なにおいが全くなく、良いにおい♪
・オーナーの気配りと心配りが素晴らしい
・夕食も朝食も美味しくて、すごいボリューム
・朝食の時間と、和食か洋食かが選べる
・ワンコの散歩コースがたくさんある

 

私は、東北旅行では必ず利用させていただいて、東北キャンプの最終日にフットルースさんでゆっくり1泊したりします^ ^

福島県、東北地方におでかけの際は、ぜひぜひご利用くださいね^ ^

 

ご予約は、フットルースさんの公式HPから「ネット予約」または「お電話」でお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました