夏の猛暑キャンプ、保冷力抜群の厳選おすすめクーラーボックス3選

スポンサーリンク

 

キャンプで大切な食材を傷ませないように保冷するクーラーボックス。

ホームセンターで見かける安いものから、保冷力に優れたもの、おしゃれキャンパーに人気のクーラーボックスまで、どれが良いのか迷うほどたくさんあります。

この記事では、キャンプスタイルに合わせたクーラーボックスの選び方と、1回のキャンプで5~7連泊する私のおすすめクーラーボックスをご紹介します。

 

スポンサーリンク

クーラーボックスは「冷蔵庫」じゃなくて「保冷庫」

クーラーボックスのイラスト

 

アウトドア・キャンプ初心者さんで勘違いされている方が多いのですが、クーラーボックスは「保冷」するのであって「冷蔵」はできません。

食材と一緒に氷や保冷剤をクーラーボックスの中に入れることによって「保冷」します。

その「保冷力」によって氷や保冷材の「持ち」が違ってきますので、特に夏など暑い時期のキャンプ、連泊など氷を長持ちさせたい場合などは、保冷力のあるクーラーボックスを購入することが大切です^ ^

 

クーラーボックスの種類はどんなものがある?

ひとえに「クーラーボックス」と言っても、種類がたくさんあります。

その中で、こちらの3つに大きく分けることができます。

  • ソフトクーラー
  • 折り畳みクーラーボックス
  • ハードクーラーボックス

 

ソフトクーラー

「保冷バッグ」とも言います。

柔らかな素材でできていて、持ち運びに便利ですよね。

ただし、保冷力は弱め。

ファスナーの隙間などから冷気がどんどん外へ出て、暖かい外気も入ってしまいます。

短時間の保冷や、ソフトドリンクなどの保冷に。

 

 

折り畳みクーラーボックス

折り畳める点で、ソフトクーラーに似た感じはありますが、ソフトクーラーよりも保冷力があります。

キャンプ帰り、食材を全てなくなったら小さく畳んで車に積むことができるので、かさばらなくて便利です^ ^

私も持っています。

大きさは40Lの「XL」が使い勝手が良いように思います^ ^

 

 

ハードクーラーボックス

ごく一般的な、俗に言う「クーラーボックス」ですね^ ^

上の2種類のクーラーボックスよりも密閉性があるので、保冷力が高いのが特長です。

私のおすすめは、このタイプのクーラーボックスです。

これから、ハードタイプのクーラーボックスのおすすめをお伝えしていきますね。

 

保冷力に優れた、おすすめクーラーボックス3選

クーラーボックスのイラスト

 

おすすめのクーラーボックスを紹介している方はたくさんいらっしゃいますが、みなさん「10選」「15選」「20選」など選択肢が多いです。

たしかに選択肢が多いのは助かりますが、その分どれにしたらいいのか迷ってしまうことはありませんか?

これからご紹介するのは、「保冷力」「容量」ともに申し分のない、選りすぐりのクーラーボックスです。

デザインや大きさも含め、お気に入りのものを見つけてくださいね。

 

コールマン(Coleman) スチールベルトクーラー

私も使っている、コールマンのスチールベルト(通称:スチベル)。

51Lの大容量で、2Lのペットボトルも縦にスッポリ入ります。

保冷力が高く、2泊3日のキャンプでも安心できますよ。

色もたくさんあるので(アニバーサリーの限定色もありますよ^ ^)、お好みの色を選んでくださいね。

ちなみに私は「レッド(赤x白)」を愛用しているのですが…知らぬ間に廃番になってました(;゚Д゚)

コールマンのスチールベルトクーラー出典:コールマン

おすすめ色は、どんなサイトにも合うシルバー

 

アニバーサリー限定色のターコイズ

 

こちらもアニバーサリー限定色のストロベリー
(女性は好きな色だけど、男性はあまり使いたくないかな…^ ^;)

 

イエティ(YETI) タンドラ45

 

YETIのタンドラ45出典:楽天市場

キャンパーの中で大人気の「イエティ」のタンドラ45。

オシャレなだけでなく、厚さ5cmもある断熱材により高い保冷力があります。

高機能なため、お値段もそれなりにするのですが、買って後悔はしません。

 

 

シマノ フィクセル ウルトラプレミアム 300

日本を代表するフィッシングギア(釣り道具)ブランド「シマノ」のクーラーボックス。

釣った魚が傷まないよう、しっかりと氷をキープするため、抜群の保冷力を持っています。

シマノのフィクセル プレミアム クーラーボックス出典:シマノ

私がおすすめするクーラーボックスの中で1番お値段が高いですが、フィッシング用のクーラーボックスはアウトドア用のクーラーボックスよりも保冷力が高いのが特長です。

また、「シマノ」は日本のフィッシングメーカーですが、日本製の釣り用クーラーボックスは作りも丁寧で、冷気が逃げにくい構造になっています。

「キャンプだからアウトドアメーカーのもの」と考えがちですが、クーラーボックスの性能でいえば、釣り用の方が保冷力が高いのです(保冷力が低くて、お魚が腐っちゃったら困りますもんね^ ^;)。

真夏のキャンプ、連泊キャンプで「保冷力のあるクーラーボックスが欲しい」という方は、釣り用も検討してみてくださいね。

 

クーラーボックスと同じくらい大切な保冷剤

保冷力の高いクーラーボックスを買っても、中に入れる保冷剤によって保冷力が変わってしまいます。

私がおすすめする保冷材はただひとつ。

ロゴス(LOGOS) 倍速凍結・氷点下パック XL XL 81660640
ナチュラム 楽天市場支店
¥ 1,490(2019/06/08 16:21時点)

 

-16℃まで冷やす力があるので、保冷どころか冷凍になってしまいます。

生肉をこの「氷点下パック」2つに挟んでおいたら(夏だったので)、カチンコチンに凍ってしまいました^ ^;

強力に冷やしたい場合、特に夏のキャンプにはこの「倍速凍結・氷点下パック」一択ですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました